「はじめての人のための3000円投資生活」読んでみた

読書感想文

2016年出版の横山光昭さん著である「はじめての人のための3000円投資生活」を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)

 

楽天で購入

 

 

 

この本を読んだきっかけとしては、

「会社までの定期券を更新しないとなー……あ、口座の残高、定期代しかねぇ…」

ということになり、お金の貯め方(または増やし方)を勉強するためです。

 

では「はじめての人のための3000円投資生活」の内容をご紹介します。

「はじめての人のための3000円投資生活」で書いてあること

貯金をしながら3000円を投資に回そう

なぜ3000円なのかというと

「3000円という額は、これまでの経験を踏まえて私なりに考えた「初めて投資をする方が、おそらくあまり怖さを感じずに投資に回せる金額」であり、「貯金をしながら投資をスタートさせるのに、ちょうどいい金額」です。

「はじめての人のための3000円投資生活」から引用

確かに1万円とかでしたら投資するかどうかをかなり考えますけど、3000円でしたらやってみようかなと思いました。

とりあえず3000円から運用を始めてみて、慣れてきたら金額を増やすとかしてみてもいいかもしれませんね。

しかもこの本ではどの商品を購入したらいいかなども書いてありました。

 

何の為にお金を貯めるのかをはっきりさせよう

例えば、「お金に対して不安があるから貯めたい」という人と

「海外旅行に行きたいから2年後までに20万円を目指そう」という人ではモチベーションが違ってきます。

前者の場合は貯めても貯めてもお金に対して不安をもつため、ネガテイブな気持ちで投資と向き合う結果になります。

一方後者は目標があるので、それが達成できたときは嬉しいですし、次も頑張ろうという意識につながります。

 

他に書いてあること

また、「はじめての人のための3000円投資生活」では以下の内容も書かれていました。

  • 退職金を投資に使うときの注意
  • 投資は「コツコツ」でしよう
  • いざという時のために、これくらいはお金を貯めよう
  • お金が貯まる人がする習慣

気になった方は実際に読んでみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私の性格上、損をしたくないのでこのような投資系は結構悩んだりするのですが、月々3000円なのでとりあえずやってみようと思いました。

 

では(´∀`*)ノシ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)

 

楽天で購入

 

 

コメント