Java SE8 Silverの問題集はコレ1冊でOK

どうも、ひろみです

『手に職』と言われるこの時代

プログラミングを習得する人も増えています

実際、私の現職はプログラマです

といってもまだまだひよっこですけど

ということで、今回はJava SE8 Silverの受験にオススメな問題集を紹介します

Java SE8 Silverって何?

Java SE8 Silverを正式名称で言うと

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格

と言います

簡単に言うとオラクル社が実施している「Java言語を扱えますよ」っていう資格のことですね

難易度はブロンズ、シルバー、ゴールドとあります

難易度の目安としては

  • ブロンズ  →  初心者向け
  • シルバー  →  脱初心者向け
  • ゴールド  →  中、上級者向け

となってます

オラクルのホームページに詳細が書いてあります

徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集がおすすめ

正直、これ1冊で十分です

なぜ徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集だけで十分なのか

解説がわかりやすい

他の問題集だと正解の選択肢の解説だけで終わってしまうものもあるのですが、徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集では、不正解の理由まで丁寧に解説しています

試験対策が書かれている

解説のところどころに試験対策としての情報が書かれています

しかも書いてある内容は忘れやすいところであったり、ひっかけ問題として出てくるものもあるので要チェックです

模擬試験ができる

模擬試験が2回分ついてます

実際の試験でも出題されるような問題ばかりです

私がJava SE8 Silverを受験した時も、見たことあるような問題が多かったです

「これ、徹底攻略 Java SE 8 Silver 問題集で見たことあるやつだ!」

みたいな進◯ゼミ風の感覚が味わえます

どのくらい勉強したの?

私の場合は電車の行き帰りの3時間を1ヶ月続けました。

最初に模擬試験をした時は正解率が40%なかったのですが、試験当日の正解率は81%でした

ちなみに合格ラインは65%です

やり方としては問題集の1週目するときに間違えた問題に付箋をつけて、2週目は間違えた問題だけ解答するという感じです

問題集から付箋がなくなったら、また最初から問題を解いていくをくりかえしてました。

やり方は人それぞれなので、ご自身にあった勉強法でやってみてください

問題集を買う時の注意

オラクルのホームページにもあるのですが

Java SE 8 Silverの試験には試験番号が付いています

Java SE 8 Silverの試験番号は[1Z0-808]なので注意して購入してください

私も書店に見に行ったときに似たような資格の本がいっぱいあったので何回も確認して購入しました

まとめ

いかがだったでしょうか

Java SE 8 Silverの試験はちょっと難しいですが、将来的にJavaを使うのであればとってみてもいい資格だと思います

受験を考えているのであれば参考にしていただけると幸いです

では

コメント