Hello Worldを表示しよう

前回、eclipseをダウンロードしました。

eclipseダウンロード方法はこちら

今回はコンソールに『Hello World』を表示させます。

プロジェクトファイルの作成

まず左上のアイコン横の▼をクリックします。

すると下画像のようなメニューが表示されるので、『Javaプロジェクト』をクリックします。

クリックすると下の画面が出てきますので、プロジェクト名にJavaStudyと入力します。

(プロジェクト名は必ずしもJavaStudyにする必要はなく、任意の名前で大丈夫です)

プロジェクト名の入力が完了したら、右下の『完了』ボタンをクリックします。

これでプロジェクトファイルの作成が完了しました。

 

パッケージの作成

次に先ほど作成したプロジェクトの左側の『▶︎』をクリック→『src』を右クリック→『新規』をクリック→『パッケージ』をクリックします。

すると下の画面が表示されますので、『名称』欄に『java1』と入力します。

入力が完了したら右下の『完了』をクリックします。

これでパッケージの作成が完了しました。

 

クラスファイルの作成

先ほど作成したパッケージ『java1』を右クリック→『新規』をクリック→『クラス』をクリック

すると下の画面が表示されるので『名前』欄に『Hello』を入力します。

入力が完了したら右下の『完了』をクリックします。

これでクラスファイルの作成が完了しました。

 

プログラムを書いてみよう

クラスファイル作成完了後、下画像のような画面が表示されます。

画面右半分がJavaのプログラムを書く場所です。

それではいよいよプログラムを書いてみましょう!

下のプログラムの4〜6行目を追加してください。

プログラムは大文字小文字も区別するので、気をつけて追加しましょう。

初心者が間違える箇所としては、『()』や『{}』の片方の入力忘れや、5行目の『;』の入力忘れがあります。

『()』や『{}』の入力忘れを防ぐにはこの順で書くと括弧の入力忘れが減ります。

  1. public static void main()を書く
  2. ()の中にString args[]と書く
  3. 4行目の後ろに{}を書く
  4. 改行してSystem.out.println()をかく
  5. ()の中に””を書く
  6. “”の中にHello Worldを書く

この順番で書いていけば大丈夫かと思います。

『;』は気をつけるしかないです;;

プログラムを実行してみよう

プログラムが記入できたら、クラスファイルを右クリック→実行(ちょっと下の方にあります)をクリック→Javaアプリケーションをクリック

すると画面左下に『Hello World』が表示されます。

『Hello World』が表示されたら成功です。

 

お疲れ様でした!

コメント